1. ホームページ:
  2. 製品ニュース
  3. ポジションセンサー
  4. IO-Link付き高周波誘導式近接センサー

IO-Link付き高周波誘導式近接センサー

高周波誘導式近接センサーで飛躍を実現

  • 正確なポジション監視
  • 検出体までの距離をデジタル伝送
  • 高い線形性と繰返し精度
  • 高度なIP 69Kと広い温度範囲
  • 機能と極性はIO-Linkから選択可能

単なるパルスのピックアップではありません!
ifmの新しい高周波誘導式近接センサーはIO-Linkを備え、複数の機能を
1つのユニットにまとめました。 スイッチポイントを調整可能なスイッチングセンサーとしても、
測定値をIO-Linkで伝送できる測定システムとしても使用できます。
出力信号はNCまたはNO、PNPまたはNPNに設定でき、
多くの組み合わせが可能です。 そのため種類数を少なくでき、
ストックのコストを削減できます。

最高レベルの精度
新しいセンサーは非常に正確で、わずかな変化も検出します。
スピンドルの正確な回転状態やカッターブレードのテンションも高い信頼度で検出します。
検出体が検出範囲から出たり、
検出面に近づきすぎたりした場合はアラームを設定できます。 取得したデータはすべてIO-Link経由で伝送して
記録できます。 この新開発は他では真似できません。