1. ホームページ:
  2. 製品ニュース
  3. ポジションセンサー
  4. 新しい超音波センサー

新しい超音波センサー

難しい表面特性を持つ検出体や長い距離の検出に最適

  • M18樹脂外装: 長さ60mmまたは98mm
  • 長い検出距離300mm~2200mm
  • 振動している音波トランスデュ―サ(変換器)が汚れの付着を軽減
  • スイッチング出力およびアナログ出力:レベルポイント測定および距離検出
  • 簡単設定:ティーチボタン, 芯線によるティーチ, IO-Link

難しい表面特性を持つ検出体のための選択肢
超音波センサーは超音波領域で音波の発信と受信を行います。 検出体が音波を反射し、距離情報がタイムオブフライト方式で測定されます。 光電センサーとは異なり、検出体の色, 透明性, 表面特性や表面の光沢の影響を受けません。 包装機械におけるブリスターパックや食品産業における透明な樹脂製ボウルを確実に検出することが可能です。

高性能
ifm社のM18外装の超音波センサーは特に不感帯が狭く、通常はかなり大きなサイズのセンサーでしか到達できない長い検出距離をカバーします。超音波センサーはひどい汚れがある場合でも確実に機能するため、光電センサーでは限界があるアプリケーションにて使用することが可能です。