1. ホームページ:
  2. 製品ニュース
  3. IO-Link
  4. 自動車産業向けIO-Linkマスタ

自動車産業向けIO-Linkマスタ

  • AIDA仕様に従って開発された4ポートおよび8ポートIO-Linkマスタ
  • 標準のLコードM12コネクターのデイジーチェーン電源、最大2 x 16 A
  • 最大2 Aのアクチュエーターの接続

IO-Linkによるパフォーマンス向上

  • 各ポートで電流測定および設定可能な電流制限
  • マスタとデバイスはLR DEVICEソフトウェアから設定可能

フェールセーフな接続を備えた頑丈なフィールドバスモジュール
分散IO-Linkマスタは、IO-Linkセンサーとフィールドバスとの間のゲートウェイとして使用されます。 非常に困難な環境にも最適です。 材質と製造方法は、実績と信頼のあるEVC製品シリーズのifmコネクターケーブルとまったく同じです。 ecolink技術により、接続ケーブルを高い信頼性と恒久的な浸入耐性のM12接続を保証します。

自動車産業向けIO-Linkマスタ
AIDA(ドイツ自動車工業会のオートメーションイニシアチブ)では、自動車産業におけるIO-Linkマスタの規格を定義しています。 将来のすべてのフィールドモジュールで、機能接地を備えたLコードの電源接続が使用されます。 さらに、このマスタはAIDAラベル仕様および最新のProfinet接続にも準拠しています。

利点とユーザーメリット

M12コネクターで16アンペア
IO-Linkマスタは標準のLコードM12コネクターから給電されます。 5 x 2.5 mm2のこのコネクターを使用して、最大16 Aのセンサーおよびアクチュエーターに給電できます。 エネルギーはマスタを通ってループできます (デイジーチェーン)。

高電圧を必要とする2Aアクチュエーターの接続
オプションで、Bポートの2ピンにデジタル出力モードを設定できます。 そのため、最大2 Aの大規模電磁弁およびアクチュエーターをスイッチングできます。

エネルギー監視
各ポートの電流を制限でき、制限はPLCで設定できます。 さらに、各ポートの電圧値と電流値を測定できます。 これにより、設備で必要なエネルギーを簡単に判断でき、ERPシステムに伝送して解析することも簡単にできます。

LR DEVICEによるセンサー設定
直感的に操作できるソフトウェアで、ネットワーク内のすべてのIO-Linkマスタを検出し、装置全体の概要を作成できます。 さらに、接続されているすべてのセンサーが、それぞれのパラメータで示されます。 つまり、システム内のすべてのセンサーのパラメータ設定を、中央の一カ所から実施できます。