1. ホームページ:
  2. 製品ニュース
  3. プロセスセンサー
  4. インターフェース検出用導電率センサーLDL100 – 新しいアプローチ

インターフェース検出用導電率センサーLDL100 – 新しいアプローチ

  • 時間を基にした洗浄プロセスに関連する不正確さを軽減
  • 柔軟な測定ポイントでプロセスの性能向上
  • コンパクトで高品質なセンサー設計により、故障や計画外のダウンタイムを回避
  • 設備と試運転プロセスを簡素化
  • 測定値を損失なく信号伝送

アプリケーション
媒体の区別は、特に食品産業では重要な役割を果たします。 プロセスパイプ内の洗浄剤、すすぎ水、食品製品は、導電率値が異なるため、簡単かつ確実に検出できます。

利点
製品の検証がいつでも可能です。 媒体を迅速かつ確実に区別することで、製品やすすぎ水の無駄を削減します。

操作
製品を区別できる機能は、すぐに使用できるソリューションです。 取付け時にはセンサーの調整は不要です。 シミュレーションなどの拡張機能が利用可能です。

LDLの特長一覧:

試運転時間を大幅に短縮

  • 追加の増幅器は不要
  • M12を使用するシンプルな配線

頑丈で小型形状

  • 完全溶接のステンレス外装で水の浸入を予防

魅力的なオファー

  • 高可用性と迅速な納品期間
  • 柔軟なアダプターコンセプトにより、在庫を削減/簡素化

LDL100を選ぶ理由

可用性 クオリティー 性能 食品産業向け
製品一覧
短納期。
無料の工場証明書
(ダウンロード)
堅牢で小型設計のため
温度および振動に
耐性
IO-Link使用により
全測定範囲にわたって
高い分解能
CIPなど、すべてのプロセス
向けセンサーを提供

食品産業における典型的な洗浄プロセス

目的: 導電率を監視することにより製品とすすぎ水を判別。

典型的な洗浄プロセス

アプリケーション

  • 目的: 製品とすすぎ水の正確な判別
  • 洗浄プロセス: 水で製品をパイプから流し出す
  • 導電率センサーは導電率の異なる媒体間の界面を監視

メリット

  • 製品の腐敗とすすぎ水の削減
  • プロセス検証

IO-Linkによる付加価値

損失のない信号伝送
導電率と温度の値をデジタル伝送
プラグアンドプレイ
自動パラメータを使用して簡単に実装
プロセスの透明性
内部ヒストリーメモリ機能