1. ホームページ:
  2. 製品ニュース
  3. バスシステム
  4. 光ファイバーによるAS-i信号伝送

光ファイバーによるAS-i信号伝送

AS-iフラットケーブルと光ファイバーの混在運用可能:最大3.2kmまでのケーブル長

  • 最大3.2 kmまでのAS-Interface信号伝送
  • 混在運転の可能性(AS-iフラットケーブルと光ファイバー)
  • 雷保護、放射電磁妨害耐性
  • 高い動作信頼性
  • 電気的分離
  • プラグイン接続端子

AS-i光ファイバーリピータ
ifmの新しいAS-i光ファイバーリピータは、光媒体を介したAS-Interface信号伝送を可能にし、その逆も可能です。 これにより、AS-iネットワークでかなりのケーブル長の拡張が可能になります。 すべてのAS-i光ファイバーリピータは、AS-Interfaceシステムを介して供給される送信素子と受信素子からなる2つの独立したチャネルを有します。 さまざまなLEDが現在の動作状態を示します。 この革新は、新しいSmartLine外装に組み込まれています

現場でのパフォーマンス
光伝送は、干渉放射がなく、グランドの問題がないことを意味します。 光ファイバー伝送システムは、原則としてEMCのリスクをすべて排除します。 インダクタンス、容量及び抵抗による距離関連損失(例えば、銅ケーブルの場合のように)に関しては、いずれも発生しません。 その結果、新しいAS-i光ファイバーリピータは、寿命延長とコスト削減に決定的に貢献します。 新しいAS-i光ファイバーリピータを使用することにより、光ファイバーネットワークトポロジ(ライントポロジ、スタートポロジ)を追加することができます。光伝送は、干渉放射がなく、グランドの問題がないことを意味します。 光ファイバー伝送システムは、原則としてEMCのリスクをすべて排除します。 インダクタンス、容量及び抵抗による距離関連損失(例えば、銅ケーブルの場合のように)に関しては、いずれも発生しない。 その結果、新しいAS-i光ファイバーリピータは、寿命延長とコスト削減に決定的に貢献します。 新しいAS-i光ファイバーリピータを使用すると、追加の光ファイバネットワークトポロジ(ライントポロジ、スタートポロジ)を使用できます