1. ホームページ:
  2. 製品ニュース
  3. モーションコントロールユニット
  4. IO-Link付きの頑丈な速度センサー

IO-Link付きの頑丈な速度センサー

ATEX認証グループII、カテゴリー3Dの金属外装

  • 頑丈なM30金属外装、追加の衝撃保護外装は不要
  • ATEX認証グループII、カテゴリー3D
  • PLCとの組み合わせに理想的
  • 埋込取付け
  • 実際の速度を検出しパラメーターをIO-Linkから設定

コンパクトな速度監視
新しい速度センサーは、診断器がセンサー外装に内蔵された、速度監視用の小型ソリューションです。出力がスイッチングする速度の限界は、ポテンショメータ またはIO-Linkで設定します。回転運動と往復運動のどちらでも、速度超過、速度不足、停止を監視できます。先行製品と比較して、この新しいセンサー は埋込取付けの頑丈な金属外装が特長です。追加の衝撃保護が不要な、ATEX認証の特別バージョンもご用意しています。

アプリケーション
小型の速度センサーはベルトコンベヤやバケットエレベーターなど、特にコンベア技術分野で様々なアプリケーションに使用できます。ここでは通常、速度不足やつまり、停止の監視に使用されます。

利点
この回転速度センサーはすべての速度監視機能を備えています。スイッチポイントはマルチターンポテンショメーターを使用して設定できます。IO-Link はさらに、現在の回転速度やスイッチポイントに関するリモート情報、スタートアップ遅延時間などの重要な追加パラメーターの設定などの機能も提供します。 これにより、コントローラーまたはSMARTOBSERVERと直接通信できるようになります。

動作​
内蔵センサーは通過するカムやその他の金属ターゲットで減衰されます。減衰間の時間間隔に基づいて、評価ユニットが継続期間または周波数 (実際の回転速度値) を判断し、それを設定されたスイッチポイント (プリセット値) と比較します。出力は出力遅延時間の間と、回転速度が設定されたスイッチング値を超えたときにスイッチングします。LEDが速度不足と出力のスイッチオフ を示します。