電子サーキットプロテクタ

電子サーキットプロテクタ

24V二次側回路の保護監視機能付き

  • モジュール選択式で設備と機械装置を保護
  • ケーブル断面積の縮小が可能
  • 革新的な接続方法を採用しているため素早い置換えが可能
  • トリップの原因を検出(IO-Linkによる)
  • 各チャンネル毎に電流/電圧を測定(IO-Linkによる)
24V側の安全を確保
230Vの一次側とは異なり、二次側回路の回路保護が行われることはあまりありません。 その他にもDC 24V電源の不具合時はほとんどの場合、標準の機械的回路のプロテクタが作動することはありません。 これは例えば長いケーブルの場合でも起こることがあります。 ifm社の電子サーキットプロテクタは必要に応じて回路を最適な形で監視し、確実に切断します。 個々の回路はそれぞれ選択して切断することが可能です。 そのためスイッチング電源の負荷回路におけるケーブル断面積の縮小が可能です。 システムはモジュール構造で設備や機械装置の回路に最適な形で適応します。 IO-Link対応型は、重要な診断データの評価も可能です。
モジュール式取付け
システムはモジュール構造で、最大40Aまで供給可能なヘッドモジュールで構成されています。 保護モジュールは並べて取付けることが可能です。 取付けはブリッジやジャンパー等は全く必要なく、シンプルなクリップ式で行えます。 簡単な取付けで配線の手間が少ないためコストと時間を節減します。 標準タイプの機種ではユーザーは10個まで保護モジュールを、IO-Link対応型では8個まで保護モジュールをヘッドモジュールに接続することが可能です。 各モジュールは2チャンネルを備えています。 最大20個までのチャンネルが使用可能です。
機種
標準タイプとIO-Link対応型があります。 モジュールはトリガー機能の他にも、モジュールが有効か, 動作しているか, どれだけ使用されているかを報らせるための信号用LEDを備えています。 設定ボタンにより各チャンネルの有効化/無効化の設定が可能です。 供給モジュールはモジュールが動作した場合に警告信号を出力するための共通出力を備えています。
IO-Linkで更に透明性を確保
IO-Link対応型も同じ機能を備えています。 以下は各チャンネルについての説明です。

IO-Linkマスタに伝送:
• 実際の定格電流(1バイト, 周期的)
• 出力電圧(非周期的)
• トリップカウンター(非周期的)
• 現在のデバイスのステータス(1バイト, 周期的):
– 短絡
– 過負荷
– 電圧低下
– リミット到達 (80% I
N
)

IO-Linkマスタから伝送:
• 有効化/無効化
• トリップのリセット
• トリップカウンターのリセット

モジュールは同じサイズで2A, 4A, 6Aタイプをご用意しています。 電流値を固定することにより、最大電流値の変更に伴う誤使用を防ぎます。

ヘッドモジュール, 標準

DF1100 - ヘッドモジュール, 標準 , 入力電流 (トータルの最大電流) 40 A , 保護モジュール DF12xx用

保護モジュール, 標準

DF1212 - 保護モジュール, 標準, 定格電流 (セーフティエレメント) 2 x 2 A, ヘッドモジュール DF1100用 DF1214 - 保護モジュール, 標準, 定格電流 (セーフティエレメント) 2 x 4 A, ヘッドモジュール DF1100用 DF1216 - 保護モジュール, 標準, 定格電流 (セーフティエレメント) 2 x 6 A, ヘッドモジュール DF1100用

ヘッドモジュール , IO-Link

DF2100 - ヘッドモジュール IO-Link, 入力電流 (トータルの最大電流) 40 A, 保護モジュール DF22xx用

保護モジュール, IO-Link

DF2212 - 保護モジュール, IO-Link, 定格電流 (セーフティエレメント) 2 x 2 A, ヘッドモジュール DF2100用 DF2214 - 保護モジュール, IO-Link, 定格電流 (セーフティエレメント) 2 x 4 A, ヘッドモジュール DF2100用 DF2216 - 保護モジュール, IO-Link, 定格電流 (セーフティエレメント) 2 x 6 A, ヘッドモジュール DF2100用

アクセサリー

E30390 - USB IO-Linkマスタ, センサーのパラメータ設定及び分析用, サポートされる通信プロトコル: IO-Link (4.8, 38.4 および 230 kBit/s), FDTフレームソフトウエア "ifm Container“ またはソフトウエア "LINERECORDER SENSOR" を使用可能, IP 20, 使用周囲温度 -25~45 °C
QA0001 - LR SENSOR (USB-Stick), バージョン 4.2, IO-Link対応センサーのオンライン/オフライン時に対応するパラメータ設定用ソフトウエア(USB対応), USB接続ケーブルを通して使用 (ドライバ同梱): IO-LinkインターフェースE30396 または IO-Linkマスタ E30390 (各製品のデータシートをご参照ください。), ifm社のホームページからIODDのインポートと更新


最新のパンフレット

製品ナビ